徒然なるままにアメリカへ

アメリカ人(日系)との結婚を機に、興味のカケラもなかったアメリカ移住への道を歩むことに。仕事、妊娠、出産、子育てに渡米準備〜アメリカ生活を綴っていきます。

【渡米】NVCでの提出書類不備その2

どもども、新年あけましておめでとうございます。

 

だらだらと日本でいまだ過ごしているくみです。

 

新年早々、NVCからメールが来ましたよ。ステータスチェックしろ、と。

 

とうとう!やっと!大使館の面接日待ちだよっていう連絡かと思いきや。

 

また書類がダメだったー!!!!!涙

 

前回は「不備=missing」でしたが、今回は「却下=reject」ですよ!もうっ!!

 

とりあえず詳細行く前に配偶者ビザタイムラインを。

 

2018/02/23 I-130 書類受領メール到着

2018/03/06 I-130 NOA1 郵送到着

2018/10/29 Form I-797 NOA2 郵送到着

2018/11/28 Welcome letterメール到着

〜約3ヶ月放置〜

2019/02/15頃 旦那と私のfee支払い

2019/03/01 Online Processing案内郵送到着

〜約6ヶ月放置〜

2019/08/22 警察犯罪証明書申請

2019/08/27 警察犯罪証明書受取

2019/09/03 DS-260 サイト上で申請

2019/09/19 私の必要書類 サイト上ですべて申請

2019/09/27 旦那&joint sponsorの義両親のForm&資料すべて申請

2019/10/17 旦那&joint sponsorの義母の書類不備通達を受ける

2019/11/11 不足書類サイト上で追加申請

2019/01/02 旦那の書類不備通達を受ける

2019/01/08 却下書類の代わりの書類を追加申請←今ここ。

 

 

前回missingで提出した「proof of domicile」がrejectされました。却下ですよ。

※詳しくは過去記事ご参照ください↓

kumiko0209.hatenablog.com

 

持ち家なんてないもんだから、joint sponsorである義両親の家の住所で取得したハワイ州のIDカードと、一応クレジットカードの証明書類を提出したのですが、両方却下されました。

メッセージには、

He might not have a principal residence or be domiciled in the United States.

Please submit proof of domicile.

とな。いやコメントで11月にアメリカ帰ったって言ったじゃん!!

 

さて、じゃあどうすればいいか。

実際問題、NVCが列挙している書類は考えてみれば提出できていない。

なので、とりあえずは列挙されている書類のうちの1つである、銀行口座の証明書をとりあえずは再提出。

 

でも、これきっとjoint sponsorと同じ住所だからprincipal residenceじゃないんじゃない?って疑われているような気が。。。

 

一応、更にアメリカでは身分証明になる免許証も一応再提出。

 

さらに、現在旦那はいまだ就活中なので、seeking employment jobの証明書を出せないか、旦那が使っている転職エージェントにかけあっています。

 

とりあえず今出せるのってこれくらいなんだけど。。。

 

最初は義両親の住所と同じだから却下くらってるのかと思ったんですけど、それじゃ同居予定の人はダメってことになっちゃうし、何より仕事も見つかってないのに新しく家借りれる状況じゃないし。

 

ということで、一旦は同じ住所のままで他の書類を提出してみることになりました。

 

いやーもう2回も書類不備受けるなんて。。。これでまた1か月2か月遅れるんだろうなぁって思うと。。。

とりあえず出せる書類はもっと出して行こうと思います。

 

 

あーもうまさか書類不備でこんな時間かかるとは!

とりあえずの教訓は、Q&Aに例として出されている書類以外の書類送ってもダメってことですね!!融通きかなーい!!笑

 

次こそ大使館の面接日連絡が来ますように。。。

もうかれこれ4か月経っちまうよ。。。とほほ。

 

 

ということで近況アップデートでした!

【渡米】NVCでの提出書類不備

はい、こんにちは、くみです。

 

今日はさらっと第2ステップNVCでオンライン提出した書類の不備について備忘録です。

 

さて、9月末に提出した書類ですが、10月17日に一度レビューが返ってきました。

だいたい2~3か月はかかるって聞いていたので、「早っ!」って思っていたんですが、なんてこたーない、書類不備通達でございました。

 

前回提出した書類の詳細は過去記事でご参照ください。

kumiko0209.hatenablog.com

 

とりま、配偶者ビザ取得までのタイムラインを。

 

2018/02/23 I-130 書類受領メール到着

2018/03/06 I-130 NOA1 郵送到着

2018/10/29 Form I-797 NOA2 郵送到着

2018/11/28 Welcome letterメール到着

〜約3ヶ月放置〜

2019/02/15頃 旦那と私のfee支払い

2019/03/01 Online Processing案内郵送到着

〜約6ヶ月放置〜

2019/08/22 警察犯罪証明書申請

2019/08/27 警察犯罪証明書受取

2019/09/03 DS-260 サイト上で申請

2019/09/19 私の必要書類 サイト上ですべて申請

2019/09/27 旦那&joint sponsorの義両親のForm&資料すべて申請

2019/10/17 旦那&joint sponsorの義母の書類不備通達を受ける

2019/11/11 不足書類サイト上で追加申請

 

ということで、10/17にステータス確認してねメールを受け取り、サイトを確認したんですよ。

そしたら、メッセージが届いていて、何が不備か、何が必要かを記載したメッセージを、ログイン後のトップ画面から確認をしたんですけど(ログイン後のトップ画面にメールボックスがあって、そこから連絡事項が確認できます。ただしこれ、一方通行。私から返信することはできません☆)。

 

んで、とりあえず旦那と義母の書類に不足があるので、追加提出を、ということだったんです。なので、オンラインでアップロードした画面に進もうとしたら。

 

なんと、システムエラーで現在使用できません、と!!

 

なんじゃそりゃーーーーー!!

 

え、ちょっとまってよなんで?一時的なものかな?

 

と思い、翌日アクセスするも同じ!!!

 

よくよくネットをさらってみると(ちなみに日本語では出てこなかったので英語検索)、どうやら10/12からずっとアクセスできない模様。

うそでしょ、普通サイトアクセス出来ないとかってすぐに復旧するもんじゃないの!?

一部のネット上のウワサでは、11月に入らないと復旧しないとか。

 

とはいえ、書類を確認できない以上、不足書類がいまいちなんだか明確にわからない(棄却された提出書類の確認が出来ないので、何を追加すればいいのか不明瞭)ので、というか10月中旬はまさに借りていた部屋を出る2週間前で絶賛多忙中だったため、割り切って11月までアクセスしませんでした☆

 

実際、10/22くらいには復旧していたようだが。

 

いやーまさかシステムエラー発生するとは思わなんだ。

オンラインプロセスですごい楽になって便利だなーとは思ったけど、こうゆう落とし穴があるとは思いませんでした。笑

 

ということで、実際に棄却された書類やら必要書類をしっかり確認出来たのが11/3あたりで、そこから急いで集めて、最終的には11/11に追加書類の提出を完了しました。

 

 

さて、何が棄却されて、何が不足していたのか。

 

まず義母の書類。

これは前回の書類提出関連の過去記事にも懸念を書いておりましたが、joint sponsorの義父と義母の関係性の証明書類でボツくらいました。

本来ならばmarriage certificateとかだろうけど、まぁ記載あるからいけるかなーって思ったtax returnの書類ではダメだったってだけです。

ですので、改めて義父母のmarriage certificateをPDFで送っていただき、アップロードしました。

 

そして旦那。

そもそも、Form以外に必要なtax returnの書類が出せなかったんですよね。

ここ数年日本で働いていたので、アメリカでのtax returnをやっていなくて。

なので、その理由だけ書いて未提出にしたんですけど。

やっぱひっかかりました。

 

で、じゃあどうしろと、ということなんですが。

不備あるからどうにかしてねっていうログイントップ画面のメッセージには、アメリカでのproof of domicileが確認出来るものを提出しろ、とのこと。

 

いやいやいや。だから日本にいるんだってば。無理やん。

 

とツッコんでしまったんですが、とりあえずCEACのサイトも確認しろ、とのことだったのでFAQを確認。

あ、ちなみにCEACとは、Consular Electronic Application Centerの略で、ビザのオンラインプロセスが出来るサイトというか、運営?のことを言います。

 

で、FAQやらビザのプロセス詳細やらめっちゃ読み込んだ結果。

 

「今アメリカ国外にいるけど、もちろんビザ申請の対象者がアメリカに来ると同時にアメリカ戻ってくるんだよね?今国外にいるのは一時的なことで、アメリカに今後は住むんだよね?今たまたま国外なんだよね?じゃあアメリカで生活基盤あるよね?家とかあるよね?じゃあそれ証明してね」

 

ってことでした。簡単に言うと。な、なるほどね。。。納得。

 

しかしながら、旦那には持ち家なんぞございません。借家の契約書だってありません。

だって日本に住んでるんだもん!!

そこで次に証明として使えそうなのが、銀行口座の証明書。

しかしながら、旦那様、まさかの銀行口座をクローズして日本にやってきてました。

うそーん。銀行口座なんて使わなくても放置するやん。。。

 

んで、アメリカでは絶対的な信頼を集めるクレジットカード。

なんとかアメリカのクレジットカードだけ持っていましたよ。1枚だけ!

 

なので、とりあえずはその証明書を発行してPDF化して提出。

でもどうも不安。だってクレジットカードの証明書もOKなんて記載、どこにもないのです。

また1か月後、「この書類じゃダメだよーん」ってレビュー返ってきたら。。。?

また時間かかる!めんどい!!

このやりとりをしている際、旦那はすでにハワイに帰ってました。

なので、ハワイ州のIDカードを早々に手続きしてもらい、これの仮証明書をPDF化!

IDカードなので身分証明にもなりますし、何よりハワイの住所記載があります!

なので、これで追加提出。コメントで先日ハワイに帰りました、と添えて。

 

そして、やっぱりこれで本当に大丈夫か、という不安があったので、不要ではあろうと思いつつも、旦那が最後にtax returnした時の、数年前の書類も追加提出!

 

これでどうだ!!

 

いやーやっぱね、早く旦那と一緒になりたいんですよ。

なんだかんだ言って、ほんと旦那好きなんです。そばにいたいんです。

というか、私の精神安定剤なんです。そばにいないとだめなんです。

 

自分の親と離れ離れになってしまうのも考えるだけで涙出ますけど!

でも旦那のそばにも行きたいんです!涙

誰かこの矛盾をどうにかして!どこでもドアつくってくれ!!(混乱)

 

というわけで、また書類不備でレビュー返ってきたら嫌なので、要求されているそれっぽい書類を2種類、ちゃんと提出できない理由はacceptedになってるし古いけどtax returnの書類も追加で提出しました。

 

 

今のところ、何の音沙汰もない。

まぁ、まだ提出してから1か月も経ってないからね。。。

うまくいくことを祈るのみです。

 

 ちなみに、今回指摘がなかった私と義父の方は、ステータスが「accepted」になっていました。

受け入れたってだけだから、審査OKってわけではないんだろうなぁ。

本来なら2か月くらいはかかるらしいから、提出書類に問題がなければ、レビュー返ってくるの年明けだろうなー。

 

あ、そうそう。私のpolice certificateなんだけど。

日本の警察証明って、開封すると無効になっちゃうから、開封せずに封筒だけPDF化して提出しました。

そのpolice certificateに関して、メッセージが来てたんですよね、書類不備のメッセージとは別で。

日本の場合は開封しちゃダメなのはわかったけど、アメリカ大使館のインタビューの前に中身を確認する必要がありますよっていうメッセージ。

 

うん?じゃあ開封して送れってこと?

でもそんな具体的な指示はない。このメッセージもFAQ参照してね、ってあるから確認。

国ごとに提出書類の詳細が確認できるページを確認したところ、やっぱり日本の場合は開封しちゃダメだ、と。かといって、実物をNVCアメリカ大使館に事前に郵送してくんな、とも書いてある。

 

・・・??????

 

え、じゃあどうやってインタビュー前に中身確認してもらうの??

なぞ。

 

義父にこのことを言ったら、「インタビューはじまる前にこれ開いて見て!って渡してからインタビュー開始すればいいんじゃない?」というざっくりな回答。笑

 

確かに、書類に関しては全部ちゃんと「accepted」になってるし、それもそうか?とか思ったので、とりあえずこれに関しては今のところなんもしてませんww

 

 

ということで、一旦レビュー返ってきたけど不足書類催促だったから再提出したよ、という経過報告でした。

 

次も不備だったらやだなー。うー。

次はアメリカ大使館のインタビューのこととか書けますように!!

 

 

【渡米】渡米準備と引っ越し準備と断捨離~その②~

こんにちは、くみです。

 

前回の渡米準備と引っ越し準備と断捨離の記事の続きです。

背景などは前回の記事をご参照いただければと思います。

kumiko0209.hatenablog.com

 

さて、今回は<いるもの>編です。

 

おさらいになりますが、<いるもの>の分類は下記になります。

<いるもの>

1、すぐ旦那が使うのか

2、船便で送っていいものか

3、実家で子供2人と私が使うものか

 

とりあえず、今年の頭くらいには、10月くらいを目途に旦那は先にアメリカへ帰国することを決めていたので、出産後、体が問題なくなった8月くらいからちょくちょく<いるもの>で「2、船便で送っていいものか」に該当するもののパッキングを始めていました。

今すぐ読まないけど、もっておきたい本とか。

いますぐ使わないけどもっておきたいバッグとか。

前々職が海外旅行添乗員だった私の場合、当時お客様からいただいた思い出の品(お礼状とか手作りの諸々)とか。

もったいなさすぎて使えていないティーカップセットとか。

海外行きまくってた頃に集めたスタバのタンブラーとか(厳選して3つだけ)。

あとはCD・DVD、ブラウンのミキサーセットとかコーヒー豆挽き機とか。

どうしても持っていきたい食器とか(これは旦那希望)。

 

上記のものは8月くらいからより分けてました。

 

ハワイって、常夏じゃないですか。

なので、持っていく必要のある洋服って、結局夏服なんですよね。

子供のものは持って行ったところで、サイズアウトするだろうし、上の子は男の子で下の子は女の子なので、使いまわしできるものもあんまりなく。

というか、やり始めた8月とかガッツリ夏服着てますし。

 

洋服とかって段ボールに詰める時にいい緩衝材になってくれるんですけど、いかんせん私らの洋服はまだ使っているから段ボールへの詰め込み作業が出来ない。

 

ということで、とりあえず使わない部屋に<送るものBOX>なるものをつくり、適当に放り込んでおきました。

 

そして、夏服の出番が少なくなってきた9月末あたりからガッツリパッキング開始!

といっても、今年の夏は長引きましたね。。。10月でも暑い日がありますし、今の11月でさえ、日中は半袖でもOKな日がまだありますよねー。

 

もうここはすっぱり、今シーズンで捨てちゃえる半袖ものだけを残し、パッキングをしました。

 

ちなみに、この「とりあえず放り込み」スタイル、添乗員時代に身に着けた技です。

 

荷物のパッキングって、他のことをしてる時に「あ、あれも持って行かなきゃ」って思いつきません?

こまめにメモっておく方なら大丈夫でしょうが、私のようなずぼら体質だと、メモなんてしませんから、いざスーツケースにパッキングをしようとした時に思い出せませんw

そして旅先で「あーーー!しまった!アレ忘れたー!」ってなるんですw

 

なので、思いついた時に即行動できるよう、添乗員時代は部屋の片隅にスーツケースを広げておいて、思いついたタイミングでスーツケースに放り込んでいました。

最後、パッキングの時にきれいに入れればいいんですから、とりあえずスーツケースの中がこんもり山を作っていても問題なし!笑

 

というこの方法で、かなり忘れ物がなくなったんですよね。

 

ということで、今回のパッキングも同じ方式をとりました。

 

ついでに、「1、すぐ旦那が使うのか」も同様にBOXを作って中に放り込みスタイルをしました。

旦那様、決して私のようにズボラではないのですが、行動が遅いので、ともかく目についた旦那の物で、今現在使ってなさそうなものがあったら聞いて、私が代わりに放り込んでましたw

 

 

でですね、時間かかってもともかく安く!と思ったので、船便利用です。

なるべく捨てれるものは捨てて、どうしても持っていきたい!ってな感じのものだけに絞った。。。はず。。。なんですが。

 

結局8箱に至りました。うち、4箱は140サイズで重さ15kg以上。

 

船便の場合は重量によるので、合計6万円ちょいかかりました。

まぁ他の方法を使うよりかは安いかな。

 

とはいえ、今回我が家は<いるもの>を3種類に分けています。

普通、海外赴任とかに家族でついていくってなったら私のように3種類に分類する必要はなく、<いるもの>すべてをひっくるめて送るわけです。

この場合、家具など大掛かりなものがなく、段ボールですべて送ることが出来るのであれば、はっきりいって15箱とかいっぺんに送れるヤマトさんとか日通さんとか大手の宅急便会社にまるごと依頼した方が安心だしお得じゃないかと思います。

 

というのも、結局6万円ちょい出して船便で送りましたが、このあと「1、すぐ旦那が使うのか」に該当するものは受託手荷物にまるごとぶち込む予定でしたが(義父が空のスーツケース持ってきてくれてた)、結局入りきらず、さらにサイズ間違いでSAL便NGをくらってしまい、段ボールの詰め替えも面倒ってことでEMSで送った荷物があるんですが、1つの140サイズの段ボールで2万6千円とられました。。。

 

ここからさらに、私のビザが下りた段階で、「3、実家で子供2人と私が使うものか」に該当しているものを、また段ボールで送るわけですよ。

これきっと合計したら軽く15万円くらいいくと思うんですわ。

なので、もうこの際宅急便会社とか使った方がいいんだろうなーって思った次第です。

 

さて、話がちょっとそれちゃいましたが。

郵便局利用で国際小包を送る際、国際小包で送ってはいけないものの規定が結構あるので、される方は注意が必要です。

スプレー缶とか火薬系とかがダメなのって想像つきますが、意外と「それも!?」と思ったのが「香水」「マニキュア」「リチウムバッテリー」ですね。

一部の国では、INVOICE(内容物記載の書類)が必要でして。そこに、その段ボールに入れたもの全部記載しなきゃいけません。

そこにデジカメって書いておいたら、郵便局から連絡をもらって、充電式のバッテリーは送れませんって連絡をもらい、一旦家まで届けてもらって抜く羽目になってしまいました。

気づいてくれた郵便局員さんもすごいし、更に集荷で出した当日中に再度家まで届けてくださり、さらに同日中に再集荷に来ていただいてしまいました。

郵便局員さん、本当にご迷惑かけてごめんなさい&親切にしてくださってありがとうございます!!

 

あと、アメリカの場合、肉製品とかもだめですね。送ってもいいですが、結局税関で抜き取られます(経験済み)。

郵便局のサイトに、国ごとにNGの物のリストもありますので、しっかりご確認を。

 

あとあと、国ごとに受け入れられる段ボールの大きさもあります!!

アメリカの場合、船便とSAL便は、段ボールの胴回り(縦と高さ×2)+横=2m以下の大きさの段ボールにしなきゃいけません。

なので、140サイズの段ボールはアウトです。

ちなみに、EMSだったら2m75cm以下の大きさになりますので、140サイズOKです。

 

実は8箱送った際、内4箱を140サイズでお願いしてしまいました。

そして、8箱送った時は、集荷した方も、集荷先の郵便局でチェックされた方も、さらには港でチェックされた方も、おそらく誰も気づいていません、サイズオーバーしたこと。

 

旦那の手荷物で入りきらなかったものを140サイズでSAL便発送しようとしたら、その時の集荷にいらした郵便局員さんがサイズオーバーだって気づいたんです。だからEMSになったんですけど。

でも、すでに送ってしまっている8箱のうちサイズオーバーの4箱は、その当時は誰も気づかず。

 

ちなみに追跡してみたところ、10月下旬に出して、10月末には船に乗ってアメリカへと旅立ってしまっております。笑

 

アメリカで却下されなきゃいいんだけど。。。博打してますww

 

ということで、皆様、アメリカへの船便・SAL便は120サイズの段ボールにしましょう。

 

あ、あと、一度に送る荷物の価値が20万円以上になった場合、輸出又は輸入申告手続(国際郵便物に係る通関業務)が必要になります。

こちらは、郵便局さんの方で有料で代行手続きしてくれます。輸出(海外に日本から送る)の場合は、荷物がいくつでも一律2800円だそうです。

私もこちらの代行をお願いしました。

 

ということで、現在はさすがにアメリカに到着しているだろうけど、まだ税関手続き中なんだろうなーっていう状況の「2、船便で送っていいものか」です。

 

 

さて、なんか長くなっちゃいましたが。

「1、すぐ旦那が使うのか」の物ですが、スーツケース4つに結局EMSで送った140サイズの段ボール1つですみました。

てゆーかね、このスーツケースのうち1つはまるまるゲーム機関連だから。

普通だったら必要ないだろうよ。笑

義父が元航空会社勤務による恩恵を存分に利用させていただきました。

 

ぶっちゃけこの「1、すぐ旦那が使うのか」の物は、私はあんまり関与してません。

丸投げしてますんでww

 

んで、最後の「3、実家で子供2人と私が使うものか」ですが。

これはもう私の父に、仕事終わり夜な夜な実家と家を往復していただいて運びました。

小型乗用車の後部座席のシートを倒してハッチバックからまっ平状態にして、ガンガン詰めました。

結局何往復してもらったのかな。。。8日くらいに及んでるだろうから、8往復ぐらいしてもらったんじゃないかと。。。

この時に重宝したのが、段ボールと大きなカゴとコストコとかのエコバッグね。

もちろん私と子供の荷物もあるけれど、使いかけの調味料とか洗剤とかそうゆうのは倒してしまったら面倒だから、段ボールとか使いました。

ぶっちゃけ捨ててもいいかなーって思っていたんですが、親にもったいない!と言われたがゆえに荷物が膨大に。。。

 

いざ家を引き払い、実家に行った時、今度は実家に入っている大量の荷物整理に追われましたよ。。。

一応家具の中でも、スチールラック2つと、イケアの子供用に使える収納棚(とはいえ上の子のおもちゃで他の物を入れる余裕は一切ない)は持っていっていたので、そこにどうにか埋めるように!!頑張った!!

でも、旦那が置いて行ったもの、私が使っているもの、子供らのもので、シャンプーが計3本、コンディショナーが計3本、ボディーソープが計2本、実家のふろ場を埋め尽くしましたけどねwww

 

どうにかこうにか、実家に身を寄せて2週間でだいたい片付きました。

 

あーそうそう、ちなみにまた別記事でご報告しようと思ってたんですけど、ビザのレビューが一度返ってきて。しかも10月17日。全部提出して1か月もたたずに。

まぁ書類不備だったんですけど。

それも11月頭に提出して、再度レビュー待ち。

今やることない。いや、英語の勉強しろよってねww

 

ということで、とりあえず<いるもの>編これにて報告終了します!

備忘録にお付き合いいただきありがとうございましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【渡米】渡米準備と引っ越し準備と断捨離~その①~

こんにちは、くみです。

 

現在前記事の通り、子供2人と共に実家に身を寄せています。

 

いやー断捨離大変だった。笑

なにが大変って分類が面倒だった!

 

ということで、本日は断捨離関連を。なお、あまりにも膨大なので、<いるもの>編と<いらないもの>編にわけてお送りします。笑

 

さてさて。

旦那→ハワイ移住

私子供2人→実家

今住んでるところ引き払い

 

とまぁ家族全員で1箇所に移るわけではなかったので、分類をしなきゃいけなくて!

子供たちと私のもので必要なものは実家に持って行かなきゃいけないけど、数ヶ月間だけだからすぐ使わないけどいるものは先にハワイに送っておかなきゃ実家に全部入らないし(笑)、実家に移るわけだから必要家具や電化製品はもう揃ってるわけだから、今の家でいらない粗大ゴミが多いし、旦那のものもすぐ使わないものはハワイに送って、すぐ使うものは飛行機で手荷物にしなきゃいけないし、ってんで分類が。。。!

 

簡単にわけると下記の通り。

 

◯すぐに使わない船便で送る荷物

◯旦那帰国に合わせて持ち帰る手荷物

◯実家に持っていく荷物

◯メルカリ等で売却する荷物

◯売り物にならないけど使えそうな寄付する荷物

ジモティーで人に譲る大型荷物

◯粗大ゴミでだす荷物

 

とりあえずいるものといらないものを分類。

<いらないもの>

1、売れるものか

2、売れないけど使えるものか

3、人に譲れるものか

4、どうにもなんないものか

 

<いるもの>

1、すぐ旦那が使うのか

2、船便で送っていいものか

3、実家で子供2人と私が使うものか

 

 

に分類。

 

今回は<いらないもの>編です。

 

まず断捨離において最初に手をつけなきゃいけないと感じたのが、<いらないもの>で処分が大変な家具類電化製品類。

 主に「3、人に譲れるものか」「4、どうにもなんないものか」ですね。

「4、どうにもなんないものか」に該当するならば粗大ゴミで出すでいいんだけど、まだ使えるのに捨てちゃうのはもったいないなぁと思う「3、人に譲れるものか」に該当するものも多く。

 

ここで大型なもので活用したのがジモティーです!

 

いやね、リサイクル屋さん呼んでいっぺんに買い取ってもらうって方法もあると思うんですが、そのためにはいらない家具類やらをまとめないといけないし、もしリサイクル屋さん呼んで買い取ってもらえないものがあった場合、そこから粗大ゴミ申し込みすると2週間待たされるし、かといってマンションの部屋引き渡し2週間前はがっつりまだ生活してるしってんで、タイミングが早過ぎて難しく。

だったら自分のペースでいらないものをなくしていける方がいいなぁって思ったんですよ。

 

昔、メルカリの姉妹アプリで「メルカリアッテ」ってのがあったの知ってます?

こちらでは何回か直接会ってのお取引をしたことがありまして。

このサービスはメルカリが大きくなると共にサービス終了になっちゃったんですよね。

運営会社がしっかりしている分、利益出ないからね。。。そりゃサービス終了するわな。。。

 

というわけで、大型家電はほとんどこのジモティーで譲りました。

そこで少しでも利益を求めるならば販売価格設定をすればよいのでしょうが、もうともかく持っていってほしい!ってのが本音だったので、欲を出さずに「家まで取りに来たら無料で譲ります」にしました。

 

ジモティーで結局下記をお譲り。

◯三段ゴミ箱

◯電子レンジ

◯洗濯機

◯デスク用チェア 

◯扇風機

ハロゲンヒーター 

◯キッチン用アイランドカウンター

◯音を吸収するジョイントマット

 

無料で出品すれば、基本その日中には何名かからメッセージがきました。

その中から取引履歴や評価を見てお譲りする方を決め、具体的な日にち相談になります。

 

上記のものをお譲りさせていただいた方は、どなたも丁寧な方で安心してお取引出来ました。

なかにはリサイクル屋さんもいらっしゃり、取り外しからもやってくださったり。

本当にいいお取引が出来ました。

 

ただし!

冷蔵庫だけ、当日ドタキャンされました。

こちらから本日よろしくお願いいたしますって連絡したら事故って足がないからごめんなさい、と。

本当か本当じゃないかわかりませんが、当日ドタキャンは痛かった。

 

一部の家電は、リサイクル法によって今は粗大ゴミで出せないんですよね。

冷蔵庫とか洗濯機とか。

冷蔵庫が該当してしまい、しかも家を明け渡す3日前にお取引日として設定していたので、急遽当日引き取りしてくれる不用品回収業者に依頼をする羽目になりました。

 

ジモティーはあくまで個人間のやりとりのプラットフォームなだけなので、ジモティーがなんかしてくれるわけじゃないみたいです。

その割には同じ商品を一旦取り消して再度出品した瞬間に忠告メールが届いたりしましたが。笑

 

なので、ジモティー利用する際は相手をしっかり選ぶことが重要です。

なるべく取引件数が多く、評価の良い方。

さらに最初のメッセージが丁寧な方。

 

冷蔵庫の方は、最初のメッセージが「まだありますか?」だけでした。

 

ということで、冷蔵庫だけ不用品回収業者にお願いしたので、16000円の想定外出費となりました(涙)。

 

ちなみに、車がある方でしたら、リサイクル法に引っかかる電化製品でも、郵便局でリサイクル券なるものを購入し、指定の業者に持ち込んで引き取ってもらうことも可能です。

 

我が家の場合、でかい冷蔵庫だし、実家の車は小型車だから借りても積めないし、レンタカーでトラック借りるとそれなりに値段がかかるしってんで、運ぶ手間も考慮して業者に頼みました。

 

ちょっと話がずれましたが。

 

さて、その他の大型家具やらは粗大ゴミで出しました。

私が住んでいた相模原市は粗大ゴミのネット受付をしているので、9月上旬には先にお申し込みをしておきました。

ネットでは最大10個までだったので、10月上旬、下旬、最終ととりあえず3回適当な品目でお申し込みをしておき、近づいて何をだすかしっかり決まったらネット上で変更したりしました。

 

ただ、相模原市の場合、回収日の3営業日前までしかネット上での変更が出来ません。

いざ直近になって「これ50cm超えてるじゃーん!普通ごみに出せないじゃん!」というものが出てくる出てくる。突っ張り棒とかね。ほうきとかね。

相模原市では、50cm以下であれば一般ごみで大抵だせます。電化製品30cm以下なら一般ごみで出せました。)

なので、結局最後の最後に電話で変更をお願いしたこともありました。

電話だと2営業日前だったら可能だったかな。

まぁほうきにいたってはのこぎりで切って50cm以下にしましたけど。

 

ネットでも電話でも、粗大ごみの回収日は2週間後から指定できるようなものなので、粗大ごみの申し込みは本当に早くやってよかった。

 

なお、テレビなどは親戚にあげました。ほしい人がいないか、まわりに早い段階から聞いておくのも必要でしたね。

 

さて、これで大型家具・電化製品はなんとかなりました。

 

 

続いて、小型なもので<いらないもの>ですね。

今年の8月くらい、徐々に産後の体調も安定し始めた時期から、断捨離でこまごましたものを<いる><いらない>で分けてました。

<いらないもの>の中でも、このまんま捨てるのはもったいないなーって思う「1、売れるものか」に該当するものはメルカリ・ラクマで出品してました。

ブランドもののバッグとかね。DVDとか。

正確に言えば、捨てるのもったいないし、フリマサイトで売れやすそうって感じのものですね。

 

まぁ結局もともとの単価が高いものはまぁまぁ売れた印象です。

着れなくなった子供服とかは20着くらいまとめてセットとして売り飛ばしたりしてました。

 

ただ、<いらないもの>の中で、「1、売れるものか」に該当していても結局フリマサイトで売れなかったものや、「2、売れないけど使えるものか」に該当したものは、まとめて寄付にまわしました。

私が利用したのは下記の団体です。

world--gift.com

 

洋服からキッチン用品、ぬいぐるみから日用品まで、お送りする段ボールサイズによってかかる料金が変わりますが、基本的にまだ使用出来る比較的きれいなものであればなんでも受け入れていただけます。

(とはいえ、NGなものもなかにはありますので、しっかりサイトをご確認ください)

結局私は120サイズ×2個=¥4800だったかな。

送料等でお値段かかるのはまぁ痛いっちゃ痛いけど、使えるのに捨ててしまう心苦しさがあったので、いつか誰かの助けになれば、と思って寄付にしました。

 

本当は食器とかも送りたかったんだけど、いかんせん量がすごくて段ボールも大きくなっちゃうし、実際に寄付したあとも食器って扱いにくいかなーって思って、食器類に関しては破棄することにしました。

 

 

あと残ったものはともかく破棄!ひたすら破棄!

ちょくちょく9月~10月まで断捨離のゴミを普通の回収日に出してましたが、最後の週なんて一般ごみ45Lが12袋、プラスチック系不燃ごみ45Lが9袋になりましたw

そんなにいらないものあったのか。。。と驚き。

 

ということで、<いらないもの>はメルカリ・ラクマのフリマサイトとジモティーを駆使し、それでも手元に残って捨てるのはどうも嫌だと感じるものは寄付出来る団体に寄付、最後は粗大ゴミと一般ごみで出しまくってどうにかしました。

 

 

あ、そうそう。

実は家にいらないノートPCが3台もあったんですよね。

うち2台は10年くらい前の古いWindowsのHPのノートPCで。

一度ネット上で価格査定したら価格がつかなくって。

でもどうやって破棄すりゃいいんだ?と思ったところ、下記のようなサイトを見つけたので、こちらを利用して破棄しました。

www.renet.jp

基本的には無料で回収してくれます。

ただ、梱包するための段ボールの事前配送を頼んだり、データ消去のオプションをつけるとそれなりのお値段になります。

データ消去とかが特に高いんですが、データ消去の依頼をせず、お申込みをすれば無料でダウンロードできるデータ消去ソフトが使えます。

対応できるOSとかがあるのと、Macは対象外なので確認が必要ですが、古すぎてどこも引き取ってくれないようなPCがあれば是非こちらを。

 

残りの1台は2010年に購入したMac Book Proでした。

一応初期化は自分でして、ネット上の価格査定では1万円だったので、まぁいっかーって思ったら、台風19号の影響で集荷がずれ込んで、そこでなんか伝達ミスがあったらしく、困ってその買取業者に連絡したらすっげームカつく対応され、買取をやめました。

代わりに、近くのソフマップで買取査定をお願いしたところ、なんと!!

2万5千円の査定額がついたんです!!

マジであのクソ業者に売らなくてよかった!!笑

 

ネットだと集荷してくれて楽っちゃ楽だけど、モノを見ずに査定するような業者は安くたたかれるんですねー。

ソフマップ様様です。本当によかった!笑

 

Mac Book Proは古くとも根強い人気があるようなので、古いのお持ちの方は是非まともな買取をしてくれるところへどうぞ!!

 

ということで、PCの処理方法も追加しておきました。

 

 

ということで、断捨離<いらないもの>編でした!

次回は断捨離<いるもの>編です~。

 

 

【渡米】ようやくビザ進めたよ!!笑

こんにちは。長らくあけてしまいました、くみです。

 

前回が骨盤臓器脱の記事ですね。

いやーあの時は本当に怖かった。

現在は、子宮収縮と共に症状は改善しています。

 

とはいえ、出産前の状況にちゃんと戻ったわけじゃないんですが。

便秘とかになるとやっぱりぷっくり出てきてしまうんですが。

でも日常生活に支障は出ない程度で、まぁこの先仲良くやっていけそうです。笑

 

ちなみに、今の生活の現状ですが。

実は、出産事由での保育園延長をしていて8月末までの予定でしたが、なんと裏ワザ的に11月末まで通えることになってます。

 保育事由を「求職」に変更し、さらに3ヶ月伸ばせたんです。

 

普通に退所するために問い合わせた自治体のお電話にてそんなことが出来ると判明。笑

 

なので、現在も上の子は日中保育園に通い、下の子と共に2人で過ごしつつ、下の子が寝たタイミングで渡米準備(という名の断捨離)を進めています。

 

というのも、ビザを進めるので、渡米してすぐに生活できるよう、10月末に旦那だけ先にアメリカに帰ることになりました。家族養えるよう、アメリカで先に就活してくれって話です。

それに合わせて今住んでいる家を出て、子供2人と私は私の実家に居候する予定のため、渡航準備と引っ越し準備を同時進行で行なっているためてんてこ舞いです。笑

渡航準備に関してはまた落ち着いたら別記事にしますね。

 

さてさて。現状を軽く説明した上で。

多くの方がお待ちかね、ビザの第2ステップ、NVCにおける作業をまとめます。

ようやく先日、Formも書き終わり、書類も提出したんですよー。

もう読む資料が多いしめんどいしってんでかれこれ9ヶ月も放置してましたがな。わはは。

でも実際始めてみたら、想像していた程ややこしいことではなかったです。

ややこいのはapplicantの私ではなくて、petitionerと必要な場合のjoint sponsorです。

 

さて、まずはタイムスケジュールをば。

 

2018/02/23 I-130 書類受領メール到着

2018/03/06 I-130 NOA1 郵送到着

2018/10/29 Form I-797 NOA2 郵送到着

2018/11/28 Welcome letterメール到着

〜約3ヶ月放置〜

2019/02/15頃 旦那と私のfee支払い

2019/03/01 Online Processing案内郵送到着

〜約6ヶ月放置〜

2019/08/22 警察犯罪証明書申請

2019/08/27 警察犯罪証明書受取

2019/09/03 DS-260 サイト上で申請

2019/09/19 私の必要書類 サイト上ですべて申請

2019/09/27 旦那&joint sponsorの義両親のForm&資料すべて申請

 

合計約9ヶ月放置ww

きっと本来なら今頃もうアメリカで生活してるよっていうねw

 

まぁ仕方ない。子供もう1匹産んでたんだから。笑

 

さて、ネット上で配偶者ビザ関連のブログを検索し、先人の方々のブログを見てみると、IVパッケージの郵送が必ずありますが。

実は今回郵送してません。というのも、書類はすべてNVCのサイト上でアップロードで終わりになっているから。

上記のタイムスケジュールの中にある、Online Processingの案内ですね。

今年2019年の春ぐらいから、一部の国では郵送が不要になり、サイト上でのアップロードだけでOKになったようです。

travel.state.gov

 

上記サイトの「knowledge」ってとこに記載があります。

黄色マーカー部分ですね。

f:id:kumiko0209:20190919163049j:image

 

これね、超助かる。

何が助かるって、今までは一旦書類を郵送して、レビューしてもらって、不足があったら連絡もらって、また集めて郵送して。。。って作業になってたと思うんだけど、何の書類が必要か、先にリストになってるんですよね。

それに合わせてPDFデータをアップロードすればいいので、基本的には抜け漏れが発生しない仕組みなんです。

あくまで私の場合ですが、こんな感じ。

f:id:kumiko0209:20190919225003j:plain

online page

なので、とりあえずなんの書類が必要なのか、ここで確認が出来るんですね。

 

petitionerである旦那の場合も、我が家の場合旦那はここ数年アメリカでのtax returnを行っていないため、義両親にjoint sponsorになってもらっているんですが、joint sponsorの場合も、同様に上記のように必要書類がリスト化されて表示されます。

 

もちろん、中身が果たして正しいのか、事足りているのかはsubmit(提出)して、NVCからのレビュー結果を待たなきゃいけないんですけどね。

 

オンラインの提出書類リストを元に提出した書類は以下。

 

<applicant=私>

◯DS-260

↪︎オンライン上で記入していくタイプ。途中で保存してログアウトすることも可能。20分くらい放置すると再ログインが必要なので、先に紙などに下書きをして、ログインしてからひたすら入力するようにすべし。それでもページ移動の際に機械じゃないかの画像から文字を読み取って記入するページに飛ぶこと数回。めっさめんどいっす。あと面倒だと感じた項目は、過去5年間のアメリ渡航歴の記入(入国日と滞在期間、可能ならESTAの番号)と、16歳以降に住んでいた住所を全部記入(住んでいた期間を日にちまで記入)すること。

◯パスポートの見開きページ

◯5cm×5cmの証明写真(背景白)

◯戸籍謄本(birth certificate)

◯戸籍謄本の英訳

◯Marriage Certificate

↪︎私の場合アメリカで入籍しているのでそれをそのままアップロード。日本で入籍した場合は日本の該当書類と英訳が必要。

◯警察発行の犯罪証明書

↪︎神奈川県在住なので関内の神奈川県警本部の鑑識課で発行。封書でいただくのですが開封すると無効になってしまうので、封書をPDFにとって、comment欄にその旨記載してアップロード。

 

<petitioner=旦那>

◯I-864

↪︎Formをダウンロードして記入、プリントアウトして署名してPDF化してアップロード。PDFでそのままPC上で記入できるんですが、結局署名するためにプリントアウトしなきゃならない上に、住所欄でハイフンの入力が出来なかったため、我が家は結局未記入のFormをプリントアウトして手書きして、PDF化しました。地味に面倒w

◯tax return書類が出せない理由のみオンラインの項目のcomment欄に記入

↪︎リストにある書類が提出出来ない場合、「出来ない」という項目に出来ます。

 

<joint sponsor=アメリカ在住の義両親>

①joint sponsor(義父)

◯I-864(旦那の書類と一緒)

グリーンカード(proof of US citizenshipとして)

◯州のIDカード(proof of US domicileとして)

◯2018年のtax return transcript

◯2018年のtax return SSA-1099

 

②house hold member(義母)

◯I-864A

グリーンカード(proof of US citizenshipとして)

◯州のIDカード(proof of US domicileとして)

◯2018年のtax return Form-1040(proof of relationship between joint sponsorとして)

↪︎本来であれば義両親の関係を証明する書類なので、Marriage Certificateなどになるかと思いますが、先に用意してもらっていたtax returnの他のフォームに関係についての記載があったので、間に合わせでとりあえずこちらを提出。

 

以上で提出しました。

あ、ちなみにすべてスキャンしてPDF化してアップロードしています。

(私の証明写真だけJPEGですが)

ただ、問題なのが1つの書類につき2MBまでという制約がある点です。

Form I-864とかって10ページあるんですよね。これ2MBって普通にコンビニとかの複合機でやると軽く2MB超えますw

私は下記サイトにて無料で圧縮しました。

smallpdf.com

 

ということで、とりあえずはNVCからのレビュー待ち!

オンラインで行っているので、もちろんお知らせもeメールです。

自分のeメールアドレスにも届きますし、オンラインの自分のページにもメッセージが届くようになってます。

いやー便利だw

 


さて、提出書類に問題がない場合、通常であればここから長くとも2か月ほどでアメリカ大使館での面接の日付が届くはず。

届いたら今度はMedical check(健康診断)です。

未接種のワクチンの嵐です。

私の母子手帳どこにあるんだ。

 

その後はアメリカ大使館で面接して、ビザが届くのを待つのみ!

 

予定としては、来年の春くらいに行けたらいいなー。

でも孫と離れ離れになるの嫌だろうなぁ私の両親。

まぁハワイでは義両親が待ちわびてるんですけど。

ともかく旦那と離れるのがいやーーーーー。笑

 

生活環境がドカンと変わるので、子供たちも大変だ。

でも、ここ7年くらい実家を出て生活しているので、私自身自分の生活スタイルが確立してしまってるんですよね。

そんな中、まずは私の実家に身を寄せ。

そして、ハワイに移住したら、とりあえず子供たちを預ける保育園と旦那と私の仕事が決まって安定するまでは義両親と住む予定です。

 

これが地味に精神的にクるんだよなー。。。

うちの両親って結構大声でケンカするんですよね。

それを子供に日常的に聞かせるの嫌だなぁ(私と旦那はケンカほぼしたことない、というか旦那は声を荒らげるタイプではなく、私が一方的に喚いてるだけw)。

そして義両親、、、義父は大丈夫なんですが、義母がね。。。いい人なんですよ。いい人ですし優しいですし。ただうちの両親よりも更にべらぼうに子供たちに対してゲロ甘なのと(食事前だろうがどんな時でもお菓子あげちゃうしね笑)、かなりのせっかちさんなので、今まで日常的に一緒に生活したことがないタイプなんですよね。。。

私自身「地に足がついてない」と言われていた程ぼーーーーっとしたマイペースタイプで育ってきたので。

 

うーむ。ともかく実家に身を寄せている間は家事全般は私の仕事ではなくなるので、子供らの通う保育園候補を列挙しアメリカの知識を身につける、私自身の仕事を見つける、ひたすら英語能力をあげ、移住してすぐに最短で義両親と別居出来るくらい生活を確立させることを目指しますw

 

でもその前に渡米準備と引っ越し準備の断捨離ー!!!笑

 

ということで、お待ちかね(こんなあけて待ってる人いるのか)のビザ進捗報告でしたw

 

 

 

 

【育児】産後の肥立ちが悪い結果→骨盤臓器脱

どもども、くみです。

連続投稿ですね。

家事もあまりせず、とりあえず横になっているので久々にこんな風に書く暇が出来ました。笑

 

今回は産後の肥立ちの悪い現状を備忘録。

 

さて、出産後、上の子もいるし、上の子は保育園にも行っていたので、今回は実家に里帰りせず、そのまま自宅に帰りました。

実は、保育事由を出産に変更したため、上の息子は8月末までしか保育園に通えないんです。

保育園の友達や先生と遊ぶのが大好きなようなので、なるべくめいっぱい通わせてあげたいって思ったため、今回自宅に戻ったってのが大きいです。

 

私が計画出産入院する前日から義両親が来日し、旦那と上の子の面倒をみてくれてました。

 

この際甘えてしまおうとは思っていたんですが、退院後すぐに義両親が家にいるってのはなかなか精神的に難しく、結局甘えることが出来ませんでした。

 

いかんせんまだ授乳もうまくできない(新生児なのでまだうまく吸えない)ため、授乳時はかなりの時間おっぱい出しっぱなし。

悪露もドバドバなので、トイレとかシャワーで汚す可能性大。

そもそも会陰縫合部分が痛いので歩き方がペンギン。まともに座れない。

ついでに産後のガルガル期で精神不安定な状態。

 

そんななか、気を使う義両親がいるのはかなり辛く、上の子の送り迎えをお願いし、日中は家に下の子と2人きりにしてもらいました。

 

ホテルに泊まっていただけて本当に感謝です。

 

ただ、自宅にいるとやっぱり家事がエンドレス。

特に新生児がいると洗濯物の量が半端なくなりますよね。

なので、妊娠前同様、むしろ洗濯物の回数が増えた分家事が増加している中、頑張ってしまってました。

 

退院後1週間ほどで義両親が帰国。

その後、朝の上の子の保育園送りは旦那、お迎えは私の母が現在まで継続してやってくれてます。

 

とはいえ、普通に家事を継続。

 

会陰縫合部分は痛いんですが、まぁ耐えられないほどじゃない。

 

上の子の心のケアも兼ねて、週末に下の子を私の両親にみてもらい、上の子と旦那と3人だけで近場の買い物に産後2週目にしておでかけしたりしてました。

 

上の息子は、下の子にジェラシー感じて叩いたりなどはしないんです。

ただ、我が家の息子は優等生タイプ?というか、下の子に優しくすると褒めてもらえるって思ったようで、下の子には優しくてちょっかいを出しません。

ただ、私も旦那もどうしてもミルク吐き戻しした、オムツ変えなきゃ、とわたわた下の娘を優先しがちで。

そこに入ってこようとする息子を、つい余裕がなくて怒ってしまったり。

 

これ、完全にパパママ取られたって思うよな。

いい子にすれば褒めてもらえるけど、いい子にしようとしてるのに怒られる、って思っちゃってるよな。

 

こんな状態になってしまっている気がして。

どうにか息子がパパママ独占出来る時間を作ってあげたくて。

 

もちろん、今2歳なので、イヤイヤ期ってのもあって天邪鬼のように希望と反対のことをまずは言ったりはするんですが、考えてみたら下の娘が生まれてから、泣き叫んで床に大の字になって駄々をこねるようなことをしなくなったんです。

 

にも関わらず、私と旦那は余裕がなくて、怒れる唯一の対象である息子を怒りがち。

怒る回数が増えてる気がするんですよね。

 

それもあって、余裕がないときは難しいけれど、息子のこともちゃんと好きなんだよってゆうフォローを兼ねて、おでかけの時間を作ったんです。

 

なので、産後3週目には下の娘を私の母に任せ、私が保育園のお迎えに行ったりしてました。

 

ということで、産後すぐからガッツリ動いていた私。

骨盤ベルトも、前回息子のときは結局しなかったんですが、今回はやろうと思いつつも疎かに。

 

と思っていたら、産後3週目の終盤。

痛みが引きかけていた会陰縫合部分がまた痛くなってきたんです。

おかしい、と思い、お風呂で触って確認してみると、なんかぽっこり膣から何かが出てるじゃないですか!!

 

えぇ!?これ何!?!?

 

色々ネットで調べ、最終的にお世話になった産院でも受診して確認してもらったんですが。

 

骨盤臓器脱になってしまいました。。。

 

骨盤の緩みと骨盤付近で内臓を支えている骨盤底筋が緩んでしまって、子宮や膀胱や直腸が出てきちゃうってやつです。

 

なので、出てきたのが会陰縫合部分を圧迫したので痛くなってたんですよね。

 

ちなみにこの骨盤臓器脱、出てきちゃうってだけで、別にそこまで弊害はないんですが。

経膣分娩をした女性の40%くらいが発病するらしいんですけど、普通は老後なんです。

50歳以降に発病し、尿漏れとかの原因になるらしいんですけど。

 

産後になる場合、出産後すぐに出てきちゃうってことはあるらしいんですが、出産後は出てこず、このタイミングで若くしてなるってのはかなりレアらしいです、先生曰く。

 

うん、これ確実に寝て過ごさず、立ち仕事(家事)をいっぱいやり、骨盤ベルトや産褥体操もしていなかったのが原因としか思えません。

 

しかもこれ、治療方法がこれといってないんですよね。

改善する方法っていうか。完治させるっていうか。

 

先生曰く、まだ子宮が元に戻ってないから、子宮が戻るに連れて骨盤底筋を鍛えておけば改善する可能性もあるよ、とのことでした。

 

ですが、もし改善しない場合、実は手術しかないんですよね。。。

 

筋肉を補強する手術か、ひどい場合は子宮摘出をする場合も。。。

 

ともかく、筋肉が支えられるようになるために、骨盤底筋の筋トレをする。それで2〜3ヶ月してもまだ(出てきてるような)違和感があったら、また受診してって先生に言われました。

 

 

ここからは私の予想でしかないですが。

今回かなりのスピード出産だったので、骨盤底筋などの筋肉や筋の損傷が激しかったんじゃないかと。

陣痛でゆっくり伸びていくのではなく、ドカンと伸びてばっと出産してしまったので。

ゴムもゆっくり伸ばすのと、いきなり伸ばすんじゃ、いきなり伸ばした方が切れやすいですよね?

 

その分、負担をかけずにゆっくり回復するのを待つべきだったのに、いきなり動きまくったため、損傷したのが治ってないんじゃないかと。むしろ悪化した、的な。

 

なので、まずは自宅安静をし、筋トレをすすめ、体の回復を今月中は第一目標にする、ということにしました。

 

そんなことが判明したタイミングで、旦那が風邪を持って帰ってきて。

旦那は咳がひどいくらいで済み、息子にいたっては一切移らず。

わたしだけ簡単に風邪をもらいうけ、咳だけにとどまらず、頭痛に39度近くの発熱にまで至りました。

 

今ようやく熱が下がってきた感じですが。

 

免疫力も異様に下がってるんだなぁと実感。

 

 

あーあ、生後1ヶ月になったら外に一緒に下の子連れて上の子の保育園の送り迎えくらい出来るようになるかなーって楽しみにしてたのに!

 

外に出れないって苦痛!!

これから夏なのに!!あーくそ!!

 

これも全部、産後にいきなり全力で動いてしまった罰ですね。

ついでに本厄だしね。。。

今年の初詣の際のおみくじに「産後に注意」って書かれてたのが的中しちゃったわさ。

 

これも産後の養生の重要性をちゃんと認識していなかったせいです。

友人に、「出産は交通事故全治半年レベルの損傷だから!!絶対安静にしなきゃダメ!」と言われました。

 

出産を控えている皆様、本当に体が動くからと言って産後すぐに動いちゃダメです。

わたしのように骨盤臓器脱になったり、異様に免疫力が落ちたままになったりしますので。

 

 

とりあえず、8月第2週に旅行の計画(下の娘は両親が預かる)があるので、それまでは全力でお布団と仲良くします。。。

とはいえ、今週末には娘のお宮参り、再来週には娘のアメリカ出生届のためにアメリカ大使館に行く予定があるんですけどね。。。

 

それ以外は基本寝る!横になる!筋トレする!

 

ある程度たったらまた経過報告します。

 

※こんな状態なので、ビザ申請もまったく進んでいません。ビザ関連の記事お待ちの方本当にすみません。。。

 

 

 

【妊婦生活】第二子出産完了☆

こんにちは、くみです。

またまた長らくあいてしまいまして。。。

 

本日で実は産後26日目になります。

もともとの出産予定日は6/27でしたが、計画無痛分娩のため、6/14に陣痛促進剤で出産しました。

 

第一子の時の分娩時間は3時間半だったんですが、今回は2時間ちょいという、これまたスピード安産でした☆

 

とはいえ、スピード安産だったので体調もよく、自宅帰ってから寝て休むこともあんまりせずに普通に生活してたら今悲惨なことに。。。ここら辺はそれるんで別にアップします。

 

 

今回も、出産体験記第二弾ということで、備忘録残したいと思います!!

 

 

今回、前回との大きな違いは「計画出産」ということ。

上の子がいる人は、この「計画出産」を候補に入れる方もいるんじゃないかなぁ。

出産〜退院まで最低でも4〜5日は家に帰れないわけですから、上の子のお世話を祖父母にお願いしなきゃいけない関係上、出産日が確定していた方がなにかと都合がつけやすいですしね。

 

とはいえ、私の場合最初から計画出産を考えていたわけではなく。

私がお世話になった産院が、経産婦の無痛分娩の場合は自動的に計画出産になる、という方針でして。

なので、前回無痛分娩だった私は、今回お金がないとはいえ、自然分娩を選択するということは怖くて出来ず。笑

 

必然的に計画出産になりました。

 

6/27出産予定で、5月最後の検診の際に、先生から38週で出産しようか、と日付のご提案を受けました。

胎児の想定体重などを考慮してのことなので、妊娠具合や先生の方針によってこの計画出産の日付はかなり前後すると思います。

2500g以下だと低出産体重児になってしまうので、そこは避けないといけないんですよね。

私の場合、36週時点で想定体重が2600gを超えていたことと、私自身がおデブなので(笑)、これ以上体重を増やしてしまうと出産に影響がある可能性があるってことが判断基準になったのかな、と思います。

 

そのタイミングで義両親も来日予定だったので、6/14に日付確定しました。

 

なんだろうね、こう子供の誕生日を大人の都合で決めてしまうのもなぁとは思ったんですが。

ともかく一刻も早く産みたかったので、そこは考えないようにしました。笑

 

さて、私の産院では朝8時に病院に行き、入院しました。前泊なし。

 

<経過>

朝8:00病院へ、そのままLDR(分娩室)に通され、着替えてまずは8:30頃に風船を入れました。

子宮口が開きやすいよう、風船を入れるってやつですね。

予定日超過の方が使うイメージで、よく激痛だとか言われますが、私の場合、経産婦ということもあるのか子宮口がすでに2cm開いてまして。柔らかくなっていたようであんまり痛みは感じませんでした。

まぁ突っ込まれますので、「うっ」という感じではありましたが。笑

 

その後に8:45頃から点滴をして(ちなみにやっぱり点滴しにくい腕だったようで、2回失敗され、3回目にようやくできました。。。うーこの点滴の失敗が地味に痛いんだよなー)、私の場合溶連菌陽性だったため、点滴と同時に抗生剤を投与開始。

 

そしてひたすらベッド型の分娩台でのんびり。

ケータイいじってました。

 

9:30頃、陣痛促進剤を点滴経由で投与開始。

この陣痛促進剤ですが、人によって効きが全然違うようで。1日投与しても陣痛が来ない人とかもいるようですが、私は前回の息子の出産時、陣痛促進剤による陣痛の進み具合に麻酔がついていかなかった気がしていたので、きっと進むだろうと思ってました。笑

 

えぇ、予感的中ですよ。笑

 

10:00ですでに「痛い」と感じるレベルの陣痛に発展。

むしろ「あ、陣痛かも?」という疑惑レベルの陣痛もなく、突然本格的な陣痛が始まった感じでした。

 

10:30には麻酔準備。背中に麻酔投与用の針を入れてもらいます。

この時には唸るレベルの陣痛に発展。笑

横向きに寝て背中を丸くして針を入れてもらうんですが、陣痛のせいで姿勢が保てない。しかしながら前回息子の陣痛が5分間隔くらいになってる状態で、すでに夜中12時間ほどの陣痛を乗り切っていた私には感じなかった麻酔準備の痛みが、今回は普通に感じて痛い。

ダブルで痛かった。もうどっちが痛いかわかんなくて泣けてきた。笑

 

10:40頃麻酔投与開始。

 

ここらへんで、休みを取ってもらっていた旦那を呼び出す。むしろ助産師さんに「あれ、立会いよね?旦那さんそろそろ呼んだ方がいいんじゃない?」と言われて連絡しました。

 

10:50頃、確認したら4cmで抜ける風船が抜けていた。

 

11:00頃旦那到着。すでに結構痛い。てゆーかマジで痛い。ここら辺からもう余裕がなくて時間系列わかりません。笑

なのでダラダラ書きます。

 

さて、麻酔投与しましたが、無痛というか和痛分娩なので、完全に陣痛の痛みを取り去るわけじゃありません。

麻酔は投与してから効くまで10分ほど時間差があるらしいのですが。

 

今回も前回と同様に。。。orz

 

投与して効き始めてから陣痛3回分くらいは楽になったんですが、4回目からは全然効かず。

いや、効かなくなったんじゃなくて、陣痛が進んでその麻酔量じゃカバーできなくなってるんだと思います。

結局30分おきくらいに助産師さんが「麻酔効いてる?」って聞きに来てくれてたんですが、「痛いですーーーーーーーー」って主張して30分ごとくらいに麻酔追加してもらいました。

 

しかしながら12時半過ぎまで、ドンドン陣痛が進みに進んで、さらに麻酔を追い越していき(笑)、前回の出産と比べ物にならないくらい痛い!!

 

前回の時はまだ耐えられる痛みだったのか、そこそこ麻酔が効いていたのか、それともすでに12時間ほど陣痛を耐えていたから痛みに慣れちゃってたのか、あんまり思わなかった「いつになったらこの痛みから解放されるの!!」っていう気持ちに速攻でなりました。

 

もう、マジで痛い!!

骨盤ボロボロになる!砕ける!って思う痛みがひどく、子宮口の開き具合を聞くたんびに10cmじゃなくて絶望する。笑

 

助産師さんに「進みが早いから、『産みたい!』って思うようになったら呼んでね」と言われました。

 

でもさ、もう痛くって意味わかんなくなってるので「そんなん産めるもんなら今すぐ産みたいわ!!そんなんわかるかーーー!」って心の中では叫んでました。

 

そしてなんだかんだもんどりうちながら陣痛を耐えていたら、急に痛いんだけど「もう出る!!!」みたいになり、急いで旦那がナースコール。

 

今になってしみじみと助産師さんってすごいなぁって思う。本当に「もう産んで終わらせたい!」から「もう産む!」ってなったもん。笑

 

子宮口を確認し、助産師さんが「もういいかもね、分娩しよう!」とベッドを分娩台の形に変えました。

 

その時すでに痛すぎて叫ぶレベルだった私。

自由に足を退けたりも出来ず、片足ずつ看護師さん達が持ち上げてくれてました。

 

そしていざいきんでいいよって言われたものの、いきみ方がわからず。パニック状態でともかく痛みから逃げたくって痛みを耐える方向に走る私。

 

助産師さん「違う!声あげて耐えないで!もう出していいんだからいきんで!!」

私「!!??(いきむってどうやんの!?)」

助産師さん「こっち!こっちみてお腹にチカラ入れるの!(手を私のお腹の上で示す)」

私 「!(そうかここにチカラを入れるのか!)」

助産師さん「じゃあ次陣痛きたらいきんでね!」

私「(陣痛きた!踏んば。。。!?)つるっ!」

助産師さん「え?どこが!?」

私「足!左足!!つるうぅぅぅぅっ!!(といいながらいきむ)」

 

出産時に覚えているやりとりが↑です。

 

出産時に足がつるって。。。笑

左足を抑えてくれてた看護師さんが足を伸ばしてつった時の処置をしてくれながら産みました。

足つりながら産むって。。。笑

 

そして12:48に女の子出産。

 

前回は静かに痛みに耐えて出産しましたが、今回はここまで叫んだことないわって断言できるほど叫びました。

そして変わらず、手を握ってくれていた旦那の手は、私によってめいっぱいチカラを込められ、爪の跡がくっきり。前回と引き続きごめんよ。。。

 

ということで、「これ本当に無痛分娩だった?」と大いに疑問が残るスピード出産でしたw

 

いや、絶対効いてないよね?無痛分娩というか和痛分娩で痛くて叫ぶとかないよね?笑

 

出産完了後、休んでる時に血圧等はかりにきた看護師さん(足持っててくれた人w)も、「麻酔が追いついてない感じだったよねー。これだったら次はもう無痛やめて、浮いたお金で美味しいもの食べた方がいいよ笑」と言ってました。

 

いや、もう打ち止めだわ。笑

NO MORE 出産。

 

出産後、旦那と子供が外に出て会陰縫合。

変わらずこっちも痛かった。

 

その際、胎盤を見せてもらいました。

もともとテレビの手術シーンとか見れない人間なのに、産後ハイのおかげで見れました。

思ったよりでかくてびっくり。そして羊水と子供を守っていた膜が透けるくらい薄いことにもびっくり。

 

 

ということで、今回の出産は相変わらずスピード出産(経産婦としてもかなり早い)でした。

 

出産後、精神的に参ることもあまりなく、会陰切開部分が痛いのは相変わらずだけど、自宅帰宅後にすぐ家事が出来るくらい体調もよく。

 

なによりも下の子は昼夜逆転がほぼない!

ちょーいい子!!

 

よって産後休まずに動き続けた結果、今休まざるを得ない状況です。安静必須。

「産後の肥立ちが悪い」をまさに現在体感中です。

 

産後はどんだけ体が動けるとしても、休まなきゃダメですね。

いや本当に。体動く=回復してる、じゃないんですよ!

もう本当に。。。うぅ。。。

 

とりあえず、出産備忘録でした!

肥立ちの悪さ詳細は次回で。